女性

番犬として最適な性格│柴犬の性格を理解する

愛犬の皮膚炎防止

犬

大型犬の中でも、ゴールデンレトリバーは根強い人気の犬種です。豊かな毛並みと大型の体格は、しっかりとした管理が必要になってきます。特にトリミングは定期的に行ないましょう。

More...

子犬の見学会に参加する

白い子犬

愛らしいルックスと柔らかい毛並みで人気のポメラニアンは、室内犬としても人気ですが小型犬のため、繊細な一面も持ち合わせています。購入を考えているのであれば、専門のブリーダーを通して飼うようにしましょう。

More...

合同か個別か選ぶ

葬儀

ペット火葬は様々な方法がありますが、ペットの種類や大きさ、重さによって価格が変わってきます。また、遺骨の収集を行ない個別で管理するのか、合同墓地で供養するのかで管理費も変わってきます。

More...

躾や育て方

柴犬

日本を代表する犬種の中に柴犬がいます。昔から番犬や狩猟犬として親しまれてきた犬種です。今では世界中に柴犬の愛好家がいるほど、その人気は高まっています。柴犬はなんとも言えない独特な顔立ちを持っています。愛嬌がある顔とは裏腹に少し頑固な性格の持ち主でもあります。個体差はありますが、オスとメスでは性格の違いがあります。オスは好奇心旺盛なので、飼い主以外ともフレンドリーに接することができます。高い運動能力を持ち合わせているので、普段から多くの運動量が必要になります。外出が少なく、インドアな方が柴犬を飼う時は工夫が必要になってくるでしょう。一方メスの性格は、オスと違い警戒心が強くなっています。よって番犬として飼うのであれば、メスを選んだ方が良いでしょう。

柴犬は大きく分けて、2つの顔立ちや体型に分けることができます。1つ目はキツネタイプと言われ、全身がスリムで顔立ちも細くなっています。引き締まった印象で、柴犬ながら少し洋風な面持ちとも感じられるでしょう。もう1つのタイプがタヌキタイプです。全身の肉付きがよく、少し筋肉質な印象のルックスになっています。顔立ちも頬が丸みを帯びていてキツネタイプとは対象的な印象になっています。どちらも可愛らしいので、個人の好みで選んで飼うと良いでしょう。子犬から飼う時は、生後三ヶ月をこえてから飼うようにしましょう。可能であれば信頼できるブリーダーから飼うようにしましょう。ネットを使えば、全国のブリーダーを検索することもできます。また、会員登録を行なえるような専用サイトであれば、様々な特典もついてきます。