婦人

番犬として最適な性格│柴犬の性格を理解する

合同か個別か選ぶ

葬儀

人間の供養と同じように、ペット火葬は行なわれます。専門会社に依頼するのが一般的な流れになっています。ペット火葬を行なう際は、ペットの種類によって費用が異なります。ハムスターや鳥などの小型の動物なら、合同で5千円前後、個別なら1万円前後の費用となっています。猫や犬などの場合は、1万円から5万円前後の費用が必要になってきます。

合同の場合2匹から3匹程度のペットを、同時にペット火葬するので時間の調整は専門会社が決めていきます。事前に告知してくれることもあるので、問い合わせてみると良いでしょう。遺体を預かって最長でも翌日までには火葬を行なってくれます。ペット火葬を終えた後は、合同墓地に遺骨がおさめられます。遺骨の選別は行なえませんが、保管にかかる費用が無料になり、会社が設けた供養祭も無料で行なってくれます。また、施設内の入園も営業時間であれば自由になっており、花やお菓子など好きなタイミングで供えることも可能です。

個別で行なう時は、時間の調整を行なうことができます。遺体を預けて2時間から3時間後には火葬を行なうことができるでしょう。また火葬後は、遺骨の収集を行ない骨壷におさめて保管することができます。自宅に持ち帰ることもできますし、施設内の霊園に預けることもできます。霊園で管理してもらう場合は、費用が発生します。骨壷をおさめるスペースも個別や共同と好きな仕様を選ぶことができます。写真や生前の愛用品を一緒に飾ることができるので、いつでも思い出を振り返ることができます。